前へ
次へ

インフルエンザとは何なのか

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で発症する気道感染症です。A型、B型、C型の三種類の型

more

インフルエンザの判断は割と

インフルエンザであるのか、風邪であるのかというのは素人にはなかなかわかりにくいものであるということは

more

旅行に出かける時もインフルエンザに注意です

インフルエンザが流行っている時は、旅行に出かける時も体調管理をしっかりと進めていくことが求められます

more

インフルエンザ対策につながる手洗い方法

インフルエンザの予防接種を受ける人も多いですが、予防接種を行っていても、手洗い、うがい、ストレスの多い生活、不規則な食生活や睡眠環境を過ごしていれば、かかる可能性が高いです。そのため、徹底的な手洗い方法などを確認し、自分のライフスタイルにつながる形できちんと毎日続けることが必要といわれています。医師など医療スタッフが行う手の洗い方として、流水で手や腕についている汚れを15秒以上洗い流すことからはじめてみましょう。手術前にはブラシに消毒薬をつけて爪の中まで徹底的に洗うといわれています。その後、滅菌されたペーパータオルで手を拭き、アルコール消毒液を使って手を消毒することが一般的です。ここまで徹底的にやるのは医療スタッフのみとされていますが、ご家庭でも見習うことはできるでしょう。流水で手や腕についている汚れを15秒以上かけて洗い流すことは、経からでもできることです。また、殺菌作用の高いハンドソープを使って爪の中まで徹底的に洗うことも、家庭によってはできるでしょう。家庭によっては肌質などの関係から固形石鹸のみを使っている場合もあるため、固形石鹸を使っている場合には、殺菌効果の高い物を使ってブラシに取り、しっかりと洗うことで家庭なりの代用が可能といえます。手を拭くときには清潔なタオルやハンカチを使ってください。できたら使い捨てのペーパータオルがあれば便利ですが、家庭でそろえるのは難しいでしょう。そのため、誰かが使ったタオルをそのまま使うのではなく、手を拭くときには必ず使った人が洗濯機に入れるくらいまで家族で徹底してください。安く市販されている効果を実感できるアルコール消毒剤はあります。毎日外出してから使って自然乾燥をさせることによって、手洗いに関しては衛生面を徹底して行うことが可能といわれています。無理せず、できることからはじめることによって、衛生面が徹底され、インフルエンザだけではなくさまざまな感染性の病気が移ることを防ぐことにつながるでしょう。お子さんが小さい頃から身につけさせておくと、より効果的です。

名古屋市にあるナビジョンDRが購入できる歯医者さん

保険外治療も可能な広島市中区の南青山デンタルクリニック

いいところを組み合わせた手技治療

行徳 歯医者

わかりやすい説明をしてくれる草加市の歯医者さん

Page Top